イマークSを販売している日本水産を調べました!

 

イマークSを販売している日本水産を調べた!

 

日本水産なら馴染みがあります。
昭和30年代ラジオドラマ赤胴鈴之助の提供スポンサーだったそうです。

 

「ニッスイ」のブランドは私たち中高年には「ニッスイ」の魚肉ソーセージで誰もが知っているブランドです。

 

 

いまでもたまに魚肉ソーセージをたまらなく食べたくなることがあります。
ごちそうでした。いまでも販売されていますよね。

 

 

創業が1911年に2艘のトロール船からスタートした

そうですが創業100年以上の水産会社ということです。

 

そんな水産会社ですが、

 

水産を軸に食品やファインケミカル事業も展開しています。

水産や食品で培ってきた知識やノウハウで健康食品を開発したようです。

 

私は詳しくは知らないのですが、いわしやさばに多く含まれる健康成分「EPA」や「DHA」を健康食品栄養剤として販売しているのです。

 

この不飽和脂肪酸のEPAやDHAは血液中の脂肪分を下げ、動脈硬化を防ぐ作用があるとされています。

 

 

創業100年を超えた水産会社

だからこそこうした魚成分の健康成分に気が付き、グループの総合力で製品化できたのでしょうね。

 

その「EPA」や「DHA」を添加した特定保険食品が「イマークS」だそうです。

 

イマークS イマークSのメリット・デメリットはこちら